にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE 健康ライフ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE 健康ライフ

Vol.055 / 健康に良いハーブティ
健康によいといわれるハーブティ。その香りは気持ちを癒してくれますね。
けれども、ハーブには香りによる効能だけでなく、飲んだり食べたりすることによって、胃腸の調子を整えたり、身体を温めたりとさまざまな効果を発揮してくれます。それもそのはず。ハーブは薬草であり、東洋でいう「漢方薬」のようなものだからです。

頭痛・肩こり・胸焼け・胃もたれ・のぼせ・冷え・月経痛やPMS(月経前症候群)・疲れ・不眠など、「病院に行くほどでもないけどなんだかスッキリしない」「病院に行ってもなんともないと言われる」ような、いわゆる「不定愁訴」と呼ばれる症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか。そういった症状のある方には、ハーブがお勧めです。漢方薬が全身の状態を整えて不快な症状をいつの間にか取り去ってくれるのと同じで、ハーブも緩やかに効き目を発揮します。薬ほど劇的な効果は得られませんが、「飲み続けていたら、いつの間にか楽になっていた」という感じでしょう。

ハーブには多くの種類があり、それぞれが違った薬効を持っています。肝機能を高めるものや利尿作用のあるもの、血行促進や便秘改善に役立つものなどもあり、身体にたまった有害な毒素を排出するデトックス効果も期待できます。体内がきれいになると、食べ物の栄養素がスムーズに消化吸収され、全身でくまなく活用されるようになります。現代人は「カロリー過多の栄養不足」という人が多いように見受けられますが、デトックスをすることでこれが解消でき、身体の調子もよくなるのではないでしょうか。


<代表的なハーブティとその効能>

・ローズヒップ
  抗酸化作用を持つビタミンCが豊富なことで知られている。美肌・風邪などの感染症予防・強壮作用・便秘・眼精疲労などの効果が期待できる。

・ペパーミント
 頭をスッキリさせたいとき、その香りが効果的。咳を鎮めたり不眠にも効くといわれる。胃腸の調子を整える。

・カモミール
 イライラを鎮め、疲労回復に役立つほか、消化不良・鎮痛・鎮静・解熱・発汗・抗炎症・強壮・防腐・駆虫などの効果が知られている。多彩な効能を持つ、心と身体に優しいハーブ。

・ジンジャー
 血行を促して冷え症の改善が期待できるほか、健胃・解熱・発汗作用・抗菌・殺菌などの作用も。


ハーブは、サプリメントやハーブティで飲むと、飲みやすいですね。美味しいハーブティを飲む時間を持つと、気持ちもほっとして癒されることでしょう。ティーバックのハーブティも販売されていますので、1日3杯をめどに試してみられてはいかがでしょうか。
ただし、量を過ごしたり長期間飲み続けることによって、頭痛やめまい、低血圧、胃の不快感などの症状が出るハーブもあります。また、妊娠中は避けたほうがいいものも。病気療養中の方は、一度お医者様に相談されてからのほうがいいでしょう。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ