にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE 健康ライフ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE 健康ライフ

Vol.020 / 健康って何?
健康ブームといわれてもう何年たつでしょうか? 衰えるどころかますます健康への関心は強くなっています。テレビの健康番組はデータを捏造しなくてはならないほどに加熱し、健康雑誌も増え続けている様子。なぜ、こんなに健康への関心が高いのでしょうか? そもそも、健康ってなんだろう?と考えたことはありますか?

WHO(世界保健機関)憲章の前文には、健康の定義が載っています。それによると「健康とは、肉体的、精神的並びに社会的に完全に良好な状態にある事であり、単に病気や虚弱でないことにとどまるものではない」とされています。肉体的は言うまでもありませんが、ストレス社会で精神的に病んでいたり、社会的に虐げられた状態であっても、健康とは呼べないとしているわけです。そのようなことを考えると、今の日本に本当の意味で健康と呼べる人は少なく、健康ブームが衰えない理由もわかる気がします。

この定義は1948年に打ち立てられたもので、消極的過ぎるとして時代にそぐわないものになってきています。長寿社会の訪れている世界各国では、もっと積極的な健康の定義が求められています。例えば、生きがいであったり、ライフスタイルであったりといった部分です。つまり、「生きていて楽しい!」「がんばって生きていこう!」という気持ちを持ちながら、時代や環境の変化に自分を合わせていけたり、自分の能力を発揮したりといったことができることが健康と呼べるのではないでしょうか。

心と体は連動していて、心が病むと、体も確実に健康を損ねてしまいます。反対に心が生き生きしてくると、体も元気になってきます。少子高齢化が進んだ長寿国日本に住む私たちに大切なことは、健康になるといわれる食品を食べたり、せっせと運動したりすることよりも、明るい未来への希望や生きがいを持つことなのかもしれません。そのうえで、疲れた体をカバーするようにしたいものです。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ