にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE 健康ライフ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE 健康ライフ

Vol.120 / お酒でダイエット??
 お酒でダイエットができれば、これほど嬉しいことはありません。つまり、言いかえると、実は『ダイエット中でもお酒が飲める』ということと同じなのです。というのは、ダイエット中のお酒の飲み方には注意点があり、それを守れば、自然にダイエットができるという寸法です。

 では、早速、気になる注意点について、紹介していきましょう。

【飲み方10カ条】

その一 1日の総カロリーを頭に入れる
みなさんは一日に摂取していいカロリーをご存知ですか? これは女性、男性、年齢で異なります。まずはそれを知ることです。続いて、朝食・昼食・夕食と分け、1食分を決めます。夜にお酒を飲むのであれば、朝食は軽めにして、昼食は手製弁当にするとか工夫しましょう。後は、お酒のカロリーのチェック。カロリーが低くて、一番酔えるのは、ウィスキー。ワインもカロリーは低めですよ。

その二 オーダーは栄養のバランスを考えて!
外食はカロリーがどうしても高くなりがち。まして揚げ物はNGです。栄養のバランスを考え「脂質・タンパク質・ミネラル・ビタミン・植物繊維」はほしいので、これらが含まれているものをオーダーしましょう。
*コーン・ゴボウ・レンコン・芋類は糖質も含まれているので摂り過ぎには注意
*お酒を飲む時は、米・麺・パンは食べない! 
*飲む前に牛乳を飲み、胃を保護してあげましょう

その三 固くて噛み応えのあるものをチョイス
人間は噛むことで満腹中枢を刺激し、満腹感が得られます。柔らかいものだと満腹感が得られないので、歯ごたえのある「野菜スティック」、「ブロッコリー」がおすすめ。先に噛み応えのあるものを食べておくと、食べ過ぎの防止になりますよ。

その四 キーワードは『ナイアシン』
飲む時はぜひとっておきたい栄養素がナイアシン。アセトアルデヒドの分解に役立ち、肝臓の働きを助けてくれます。例えば、鶏(ササミ・レバー)・マグロ・ブリ・イワシなどが多く含まれる代表的な食品。青背魚はカロリーが高いのですが、体にいい油を含んでいるので敬遠しないで食べましょう。

その五 『ちび』飲みでかせぐ
お酒を一気に飲むと、その分カロリーを多く摂取してしまうのは言うまでもありません。なので、ぐーっと気持ちを抑え、チビチビ、ゆっくり飲むのがコツ! 一緒に飲んでいる人のなかで、お酒の弱い人の横に座れば、その人と同じペースで、チビチビ飲めるかもしれませんね。くれぐれも酒豪の横はご法度???

その六 大人数で飲む
大人数で飲むメリットは、いろんな料理を注文できること。それに、人数が多いと話題も盛り沢山になり、話しに夢中になってついつい食べ過ぎたということが免れるかもしれませんね。

その七 マヨネーズは厳禁!!! カット!
一般のマヨネーズの65%以上が油分で、大さじ1杯で98kcalあるとか。それだけでウィスキーやワイン1杯分以上のカロリーを摂ってしまいます。ここはマヨネーズとさよならしましょう〜

その八 〆(シメ)は、なしで
飲んだ後に食べたくなるシメのご飯やラーメンは絶対NG。ラーメンは500kcal前後もありビール中ジョッキー2杯分より高いカロリー。 ・・・ということは… やっぱり見送ったほうがよさそうですね。

その九 飲む時は徹する
あれも食べた、これも…と後悔しながら飲んでもおいしくないので、そこは割り切ること。もし、食べすぎたら翌日、1日分のカロリーを抑えればいいだけ。なので、飲む時は楽しみましょう。

その十 翌日の朝食は食べること
飲み過ぎても朝食をカットするのはよくありません。胃に負担がかかります。水分をなるべくとりましょう。但しジュースなどの甘い飲み物は避けましょう。


※長いようであれば、その六、九、十をカットして下さってもOKです。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ