にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

Vol.093 /美魔女のストレス肌解消サプリって?
ストレス社会といわれる現代。女性も社会進出が進み、家庭ばかりでなく社会的なストレスも男性並みに受けるようになってきました。
ストレスが心だけでなく身体にも悪影響を及ぼすことはよく知られているけれど、当然美肌にも大きく影響してきます。ストレス解消はもちろんのこと、肌ストレスをクリアにするために、ちょっと意識してみませんか?


美肌とストレスの密接な関係

ストレスが溜まったとき、鏡をじっくり見たことがあるでしょうか? おそらく多くの人は、ストレスいっぱいの時には最低限メイクや紙を整えるときに見る程度だと思います。
ストレスが溜まったとき、眼は落ち窪み、くまができ、頬はたるみ、顔色は冴えず、表情も曇っています。ニキビや吹き出物、肌荒れなども気になります。
これらは、ストレスによって体内で活性酸素が暴れだし、細胞を傷つけたり肌の老化が進むせい。また、免疫力が下がってアクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビや吹き出物ができやすくなります。くまができたり顔色が冴えないのは、血行の悪さや内蔵機能が弱っているのが原因かもしれません。自律神経が正常に働かなくなると、不眠などによって肌の代謝も妨げられ、肌荒れを起こします。
このように、ストレスは、美肌の大敵なのです。いくら外側からスキンケアしても内側がストレスだらけでは、到底美肌を保つことはできません。


ストレス肌にぜひ摂りたいビタミンB群

ストレスがたまった肌は、免疫力の低下によってとても過敏でデリケートになっています。
乾燥もしやすくなっており、そこに余分な皮脂が出てきて、ニキビとなります。ストレスがたまっているときはめんどくさくなり、洗顔も大雑把になりがちですね。洗顔の癖で、洗い残しがある場所が決まっていれば、同じところに何度もニキビができることも。
ニキビや肌荒れ、口内炎など肌や粘膜のトラブルのときに積極的に摂りたいのが、ビタミンB2です。脂質の分解を促し、皮脂の分泌を調節してくれるので、特にニキビ肌への対処には欠かせないビタミンです。また、脂肪が酸化されてできる過酸化脂質は、細胞死を進めて老化を早めますが、ビタミンB2は脂質の酸化を防いでくれるため、アンチエイジングにも有効です。
しかし、ビタミンB群は相互作用で働いているため、B2だけを摂っても効果は得にくくなります。ビタミンB1やB6、B12、ナイアシン、パンテドン酸、葉酸など他のビタミンと一緒に摂るようにしましょう。野菜全般やレバー類、豚肉などに豊富に含まれているので、それらを意識的に食べたいものです。また、水溶性ビタミンであるビタミンB群は、一度にたくさん摂っても汗や尿などと一緒に体外に排泄されてしまいます。少しずつこまめに摂るのが、水溶性ビタミンの上手な摂り方です。サプリメントを使って上手に補いましょう。


ハリツヤやくま防止には…

肌のハリには、コラーゲンが欠かせません。コラーゲンはお肌の中で網の目のように張り巡らせて、肌のハリを保ってくれます。お肌の中のコラーゲンが減少すると、シワやたるみが発生します。美容のためにとタンパク質を避け、野菜ばかり食べている人がいますが、それはNG。コラーゲンと言うのはタンパク質が分解されて再合成され、できる物質なので、タンパク質が不足すれば、肌中のコラーゲンも減少してしまい、シワやたるみのもとになるのです。タンパク質は、ハリツヤ肌には欠かせない栄養素です。
また、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンや、ナッツ類に多いビタミンEなども、ハリツヤ肌には必要です。
ストレスの緩和や活性酸素の働きを抑えるなどで美肌を支えるのは、王道のビタミンC。美白にも効果的ですね。また、血液がしっかりと細胞の一つ一つに栄養素や酸素を届けられるようになれば、顔色もイキイキしてくるもの。コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ると、吸収されやすくなりますよ。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ