にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

Vol.018 / 花粉症から身を守るために
花粉症の原因の大半を占めるスギとヒノキの開花時期も、まもなく終わりですね。
花粉症といえば、多くの方がこれらの花粉によってアレルギー症状を起こすのですが、それ以外にも、なんと50種類以上もの植物が原因になるというのですから驚きです。これからの季節は、カモガヤなどイネ科の植物の花粉症が、ピークを迎えます。

また花粉症といえば、マスクや眼鏡(ゴーグル)が必需品。けれども、味気ない白のマスクや水泳のときのようなゴーグルでは、せっかくおしゃれをしても台無しですね。特にイネ科・キク科など少数派の花粉症の方はシーズンがずれているため、周囲の理解を得にくく、完全武装はつらいかも。
けれども最近では、花粉症から身を守りつつおしゃれもできるアイテムが、豊富になってきました。ゆううつな時期を少しでも楽しく乗り切るために、使ってみてはいかがでしょう?
スギやヒノキの花粉症の方も、来年のために参考にしてくださいね。


かわいいマスクで花粉をカット

花粉症のつらさから逃れるためには、花粉を吸い込まないことが大切。花粉の飛び散りやすい気候や時間帯をなるべく避けて外出する工夫が必要ですが、そうはいっても仕事や用事でどうしても外出しなければならないことも多々ありますよね。
そんなときの必需品がマスク。最近では花粉症対策用のカラフルなマスクもたくさん発売されています。色は白だけでなく、赤やイエロー・オレンジ・ピンク・ブルーなどの明るい色やブラウン・ブラックなどの落ち着いた色まで豊富ですし、柄もチェック・ストライプ・ドットなどのオーソドックスなもの、動物柄やフルーツ柄、ワンポイントが入ったもの、ヒョウ柄のものなど本当にさまざまです。もちろん無地もありますよ。立体的に作られていて息苦しさもないようです。服装に合わせてマスクを選ぶのもおしゃれですよね。


花粉からガードしてくれるかっこいいサングラス

花粉症対策に眼鏡を使っている人も多いでしょうが、普通の眼鏡では顔との隙間から花粉が入り込んでしまいます。そこで考えられたのが、花粉症対策用のゴーグル。とはいえ、以前は水泳のときのようなゴーグルばかりで、それを身につけて街を歩くのにはかなり抵抗がありました。
でも、今はとてもおしゃれなサングラス様のゴーグルがたくさん発売されています。普通の眼鏡と違うところは、顔との密着感。まず上部や下部にフードがついていて、上下からの花粉をシャットアウトします。横の部分(「智」と呼ばれる部分)は普通の眼鏡よりもかなり幅が広くなっており、横からも花粉を寄せつけません。視界を確保するためにもうひとつレンズのついたものや、レンズ自体が幅広になっているものがあります。ノーズやつるの部分が調整可能になっていて、さらに密着感をアップしたものも。日頃の眼鏡の上からかけられる設計の大型フレームもあります。
これだけの機能がありながら、見た目はかなりおしゃれ。スタイリッシュなデザインが採用され、カラーも豊富。お値段は2000円〜5000円前後のものが多く、お財布にやさしいところも人気の秘密かもしれませんね。


人気のチュニックは花粉症の味方?

花粉症から身を守るには、服装の素材選びも大切。つるつるスベスベとして花粉のつきにくいものを選ぶとベターです。
素材は、高級なものはシルクになりますが、お手ごろなところではレーヨンやポリエステルでしょうか。こういった素材は花粉がつきにくいばかりか、ついてもすぐに払い落とせるので、花粉症の方にはもってこいなのです。
今、チュニックが人気ですが、ポリエステル素材のものがたくさんあります。流行のアイテムでありながら花粉症対策にもなるのはうれしいですね。チュニックとマスクの色を合わせておしゃれに決めるのも、かわいいのではないでしょうか。花粉が舞い散るこの季節、こういったアイテムをどんどん取り入れましょう。
帰宅時には花粉をよく振り払ってから家に入り、顔や手を洗い、うがいをすると効果的ですよ。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ