にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE 健康ライフ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE 健康ライフ

Vol.127/食物繊維と便秘の関係!
 便秘には『食物繊維の食べ物がいい』と、よく耳にしますが、どういうメカニズムで食物繊維のものを食べると、便秘解消につながるのでしょうか?
 ひと口に食物繊維と言っても幅が広く、こんなケースにはこの食物繊維といった具合にそれぞれおすすめがあります。
 では、一体どうすればいいのか…。早速、食物繊維と便秘の関係について、見ていきましょう。

◇バランスよく不溶性と水溶性の食物繊維をとりましょう
◎不溶性
水分を吸って膨らみ、便のかさを増やして、さらに腸の働きを活発にします。
・ごぼうなどの野菜
・小麦ふすま
・豆類
・きのこ類


◎水溶性
便の水分を増やしてゼリーのようなやわらかい状態にします。また、有害物質を吸収して体外に運びます。さらに腸内の善玉菌も増やします。
・キウイ、バナナ、リンゴなどの果物
・野菜
・海藻
*便秘で悩んでいる人は特に水溶性の食物繊維を意識して摂取しましょう。


☆上記以外にも、ヨーグルト・チーズ・納豆・お味噌・漬け物などの乳製品や発酵食品も便秘解消になる食品です。

◇朝の果物はおすすめ
朝に果物がいい理由は、果物に多く含まれている糖類が素早くエネルギーに変わること。そして、水分やビタミンなどが豊富に含まれているからです。
≪特におすすめはキウイ!≫
100g(1個分)あたり2.5g⇒1日に必要な食物繊維の13~15%に相当
*1日に必要な食物繊維の目標量=男性19g以上 女性17g以上   
     ↓
◇目安としては1日2個
これならとりやすいですよね。食物繊維が多く含まれる食品はこんなにもたくさんありますから、不溶性のものと水溶性のものとをバランスよくとって、ぜひ便秘解消に役立てて下さいね。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ