にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

Vol.088 /美魔女の肌ケア シミしわをなくそう
美魔女を目指すためには、まず新陳代謝を活発にして身体の中から若返りを図るのが一番です。けれども、それだけでは追いつかないのがアラフォー熟女の悲しいところ。年齢はお肌に顕著に現れてきます。しっかりと正しいスキンケアをして、ハリや潤いのある『ぷるぷる赤ちゃん肌』を目指しましょう。


『紫外線はシミ・しわ・たるみの大敵

紫外線がシミの原因になるというのは、年齢肌が気になる女性なら誰しもご存知のところです。化粧下地にはUV効果の高いものを選び、美白化粧品も必需品。帽子や手袋などで紫外線からお肌をがっちりガード。陽射しの強い日には日傘も欠かせませんよね。
そんな紫外線対策は、美魔女作りにはとても有効です。紫外線はシミだけではなく、しわやたるみのもとにもなるのです。紫外線を浴びると、身体の中で活性酸素が大暴れします。「身体のサビ」とも言われる活性酸素は、さまざまな細胞を傷つけながら全身を駆け巡り、細胞の突然変異などを引き起こして生活習慣病やガンを誘発します。老化を促すのも、この活性酸素。内臓やお肌の細胞を傷つけて、お肌のハリがなくなったり、しわやたるみになったりします。
紫外線対策は外出時だけになっていませんか?室内にも窓ガラスや家電製品から発生する紫外線がありますし、洗濯物を干したり、植物に水をやったり、といった具合にちょっと外に出るときにも浴びてしまいます。美魔女を目指すなら、室内にいるときも紫外線対策は完璧にしたいものです。
また、身体の中からも紫外線対策を。美白作用のあるビタミンCは、抗酸化作用もとても強くてオススメです。一度に摂りすぎると排泄されてしまうので、少量ずつを何度も摂るようにするといいでしょう。サプリメントで摂るときは、ビタミンCを含む食品と一緒に摂ると、吸収されやすくなります。


『乾燥でお肌が衰える

紫外線と並んで美肌の大敵になるのが、乾燥です。カサカサしたお肌はメイクが乗りにくいばかりでなく、しわのもとに! 乾燥によるしわははじめは細かいちりめんじわですが、乾燥した状態が長く続くと徐々に太く大きくなり、やがてくっきり目立つしわになってしまいます。
乾燥によるしわを防ぐためには、とにかく保湿が第一。スキンケアのときには化粧水はたっぷりと。化粧水をお肌に入れた後には、そのコットンを使って乾燥しやすい部分のコットンパックも有効です。そして、化粧水の後には必ず乳液を使って保湿しましょう。フェイスミストを持ち歩いてこまめに化粧水を吹きかけることもオススメです。
部屋の乾燥にも気を配りましょう。自宅なら洗濯物の室内干しや蒸し物・煮物などを作って蒸気をあげたりもできますね。オフィスなら、加湿器を使ったり、可能なら自分のデスク近くにぬれタオルを干したりして、湿度を上げるようにしましょう。
また、身体の中にもたっぷりと水分を入れましょう。スポーツドリンクなどは水分を吸収しやすく作られていますが、同時に当分も摂ってしまうので避けたいもの。一番いいのは「水」を少しずつこまめに飲むことです。


『スキンケアやメイクがシミしわの原因?

美魔女を目指して一所懸命お手入れしているのに、実はそれがかえってシミやしわの原因になることがあります。
洗顔時に顔をゴシゴシこすったり、強引に力を入れてフェイスリフトしたり、パッティングでパンパン皮膚を叩いたりしていませんか? これらはお肌の表面を傷つけ、細かいしわ→大きなしわになってしまうので気をつけましょう。お肌のお手入れは優しく触れるのが基本です。冷たい手や水でスキンケアしたり、メイク落としのときにゴシゴシふき取ったりするのもNGです。
また、メイク用品の原料には紫外線が当たることで色素沈着を起こすものも。石油などの鉱物系の化粧品は避け、なるべく天然素材のものを使うようにしましょう。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ