にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

Vol.045 / 「スイカ」で真夏デトックス!?
そろそろ店頭においしそうなスイカが出回り始めています。スイカを見ると「夏!」という気分になりますね。スイカは水分が多く、汗をかく夏の水分補給には最適です。甘さの割りにカロリーが低く、ダイエットにもおすすめ。でも、スイカには、それ以上に、女性は見逃せない効能が!


むくみ解消に「カリウム」が効く!

スイカをはじめとする果物には、「カリウム」が多く含まれています。このカリウム、細胞の中に入り込み、余分な塩分を調整して、尿として排泄してしまうという役割を果たしています。
塩分を摂りすぎると、細胞が正しい塩分濃度を保とうとして、多く水分を取り込んでしまいます。つまり、細胞の中に入り込んだ塩分を水で薄めようとするわけです。これが水太りやむくみの原因。それを防ぐということは、すなわちむくみも解消できるということです。
水太りやむくみを気にする方は、水分を敬遠する傾向にありますが、それは間違い。水分がうまく循環しなくなり、老廃物が溜まって、ますますむくみやすい体質になってしまいます。スイカには水分も多いのですが、利尿作用があり、不要な塩分とともに尿として排泄してくれるので、気にせず食べることができます。


「シトルリン」「リコピン」でデトックス

スイカには、アミノ酸の一種である「シトルリン」という成分も含まれています。これがまた、優れもの。身体に吸収されたシトルリンは、他のアミノ酸とともに、体内に発生した有害なアンモニアを、無毒な尿素に換えて排泄してくれます。シトルリンにも利尿作用があるのですね。
また、夏に気になるのが紫外線。シミやシワ、老化の原因にもなるので、特に女性は気になりますね。ところが、スイカは紫外線の害もデトックスしてくれるのです。
紫外線を浴びると、身体の中で活性酸素が発生します。これは細胞を傷つける猛毒で、シミ、シワ、肌荒れ、夏バテ、老化などのほかに、ガンや生活習慣病まで引き起こしてしまうという恐ろしい物質なのですが、スイカに含まれる「リコピン」という成分が、この活性酸素を抑える役割を果たしてくれるのです。
リコピンといえば、トマトを思い浮かべる方も多いと思いますが、スイカの赤い部分にも含まれていて、その量はなんと!トマトの1.5倍。
そのほかにも、ビタミンCの酸化を防いでシミやそばかすに効果あり!といわれる「シスペイン」や、注目の糖分分解酵素である「マンノシターゼ」、デトックスに大きな役割を果たす肝臓を元気にしてくれる「グルタチオン」も含まれています。


夏冷えの方は気をつけて

デトックスやむくみ解消、利尿効果だけでなく、スイカにはビタミンやミネラルも豊富で、かつその糖分はすぐにエネルギー源となり、夏の疲れた身体を癒してくれます。皮や種にも栄養があり、白い部分は漬物などにして食べるといいとされますし、種の中の「仁」という部分は、解熱作用があるとして知られ、昔から漢方薬に使われてきました。
しかし、最近ではエアコンの発達により、夏に身体が冷え、汗をかかない人もたくさんいるのが現状。スイカをはじめとする夏が旬の果物や野菜は、身体を冷やすものが多くあるため、冷え性の方は食べ過ぎないように気をつけましょう。ダイエット目的で食べているのに、体が冷えて代謝が落ち、逆に太る…なんてことになりかねませんよ。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ