にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

Vol.120/厚塗りファンデにさよなら! 肌トラブルは○○で
 ニキビに毛穴、そしてシミ。気になると、ついついファンデーションに頼ってしまい、何回も何回も厚く重ねて隠そうとしますよね。でもちょっと待って!
ファンデーションの厚塗りは、かえって毛穴落ちやテカり、乾燥による粉吹きなど『メイク崩れ』の原因になります。そして何よりも周りからの評価としても「触るとファンデーションがべっとりつきそう」「古臭い」などという声が聞こえてきそうです。
そこで今回は、肌トラブルをカバーしながら厚塗りをしない、『スーパーメイク術』をお伝えします。


◇下地は『パープル』で!

パープルの下地は、肌の色ムラを整え、血色をプラスする効果があります。まず、パール1粒大の下地を両手のひらに広げ、肌に密着させるように丁寧にハンドプレス。ここで注意したいことは下地をこすらないこと。というのは、取れてしまうから。ムラができたときは、スポンジを使って軽く押すようにして馴染ませるのがコツ。


◇コンシーラーで肌トラブルをシャットアウト!

そして、コンシーラーを使って、目の下のクマや小鼻の横の赤み、口角のくすみなどにうっすらのせていきます。指の腹でトントンと叩くようにして馴染ませましょう。コンシーラーは、老けた印象を取り除いてくれます。また、例えば、ニキビやニキビ跡は、スティックタイプのコンシーラーがおすすめ。丁寧に境目をぼかすようにするといいですよ。


◇ファンデーションは不要?

次にファンデーションを使わずに、フェイスパウダーを使います。フェイスパウダーは化粧崩れもしないし、メイクが長持ちするというスグレモノ。女子アナがこぞってみなさんつけてらっしゃいますよね。つけ方は、大きめのブラシを垂直に押し当てて、余分な粉はティッシュでオフ。フェイスパウダーの量を調整し、ブラシを寝かせて優しく、ふんわりと肌にのせていきます。顔全体にフェイスパウダーをのせたら、ブラシについている粉をティッシュでオフしましょう。最後に、顔全体をひとはけして肌に馴染ませたら終了! 目もとや小鼻には、専用の小さいブラシを使うこともおすすめします。


*ここで一言。肌はナチュラルなのに他のパーツが主張していると、バランスが悪いので、眉はパウダーで仕上げたり、ブラウンのアイライナーを使ったりして、パーツメイクもナチュラルにすることをお忘れなく!
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ