にんにく卵黄メーカー直販の
サン・プロジェクトが運営する
通販&健康情報サイト
WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

  1.  >
  2.  >

WEB MAGAZINE ビューティーカフェ

Vol.116 /バストの形を守るためには?
 突然ですが、バストの形を現状のままキープするにはどうしたらよいのでしょうか? 誰だって、いつまでもハリがあってほしいし、小さくなったり、カタチが崩れたりするのは嫌ですよね。前回、早めの対策として、バストアップエクササイズのことをお伝えしましたが、今回は、それ以外のキープする方法を紹介していきますね。

◆まずはおさらい

バストが崩れる原因は、急激なダイエット 、加齢 、間違った下着選び、妊娠・出産・授乳 、運動などによる激しい揺れ、皮膚のたるみ老化 の6つがあります。形を守るためには、このことはしっかり抑えておきましょうね。それから、バストの老化は、上部から始まるのでバストアップのエクササイズをやりましょうというお話をさせていただきました。肩回し、祈りのポーズ、肘の開閉などがありましたね。とっても簡単だし、気をてらわずにすることができますのでぜひ続けてみてください。
さて、これらの総まとめとして、バストの形を守るためなのですが・・・絶対やってはいけないNGなことがあります。それは…

☆ノーブラはNG

・家にいるときついつい…
・休日などリラックスしているとき…
・就眠時

ブラジャーはバストラインを整える一方でストレスを感じることも否めません。ただ、こうしたちょっとした油断が下垂の原因につながっていきます。

☆何故ノーブラがダメなの?

一つは、バストは90%の脂肪からできているから。何らかの原因で『クーパー靭帯』が切れてしまうと、バストの脂肪組織を支える力が衰え、バストが下に垂れてしまうからということです。そして、就眠時は寝る態勢の問題です。うつ伏せになったり、右を向いたり、個々に寝るクセがあります。できれば、『仰向け』で寝るのがベストなのです。仰向けは何もバストだけでなく、他にも多くのメリットがありますから、ぜひ今からでも意識してみましょう。そして、最近は、ノーブラにならないよういろんなブラジャーが出ています。ぜひ、「私なら寝てる時、家でいるときなど、これならできるわ」というブラジャーを探してみてくださいね。
会員登録された方はこちらから
会員様ログイン
▲ ページTOPへ